TOURISM NEWS観光ニュース

八ヶ岳 2月の状況

  • ニュース

南八ヶ岳方面の様子(撮影:2020.2.12)

最近の標高2,400m付近の気温は、最低気温-16℃~-10℃、最高は-3℃~2℃です。

2月上旬は寒気が入り込み気温が下がりましたが、中旬には4月並みに気温が上昇なるなど、短期間の間に大きな気温差がありました。雨が降る日もあり、積雪の少ない登山道には凍結が見られました。最近の気温の上昇により雪が解け、岩や鎖が出ている箇所もありますので、足元に十分注意してください。

気温の上昇が見られる一方で、朝晩の寒暖差は大きいため、必ず厳冬期用の服装と装備をお願いいたします。冬山では、道迷いや低体温症、雪崩や滑落などさまざまな危険性が一気に高まります。そのため、まずは自分の体力や技量をしっかりと把握し、予定している登山ルートやその周辺にはどのようなリスクがあるのか、過去にはどのような遭難が起きているのか等を入念に調べたうえで、登山計画を立ててください。また、天候は常に変わりますので、必ず各自で最新の天気予報と登山道状況をご確認ください。

一人ひとりが安全登山を心掛け、この時期ならではの真っ白な白銀の世界と、澄み渡った真っ青な八ヶ岳ブルーの世界をぜひお楽しみください。きっと、心も澄んで、とても気持ちの良い時間を過ごすことができると思います。

なお、八ヶ岳山域では通年営業を行っている山小屋や、冬期中に一定期間営業している山小屋がありますので、詳細は各山小屋のホームページをご確認ください。

→登山情報は八ヶ岳観光協会のページをご確認ください
→ 八ヶ岳観光協会加盟の宿泊施設連絡先(PDF)
→ 八ヶ岳観光協会加盟の山小屋検索

NEWS LIST同じエリアのニュース

POPULARITY NEWSこのページを見ている方に人気のニュース

訪れる人と暮らす人をつなぐ ちの旅 TOP