TOURISM NEWS観光ニュース

春山への移り変わり
(八ヶ岳登山道情報:22.5.9現在)

蓼科山頂から南八ヶ岳、南アルプス方面(撮影:2022年5月2日)

最近の標高2,500m付近の気温は、最低気温-4℃~0℃、最高気温2℃~9℃です。
5月初めに降雪がありましたが、その後は再び気温が上昇し、陽当たりの良い場所では雪解けが進んでいます。一方で、陽の当たりにくい北側斜面や樹林帯などの登山道では、雪が多く残っている箇所や凍結している箇所がありますので、滑落や転倒には十分ご注意ください。
例年の同時期と比べて気温はやや高い傾向ではありますが、日中の寒暖差は大きく朝晩などは気温が氷点下になります。今後も日々状況は変わりますので、必ずご自身が登られるルートの最新情報や天気予報をよくお調べいただいた上、冬山の服装と装備でお出かけいただきますようお願いいたします。日帰り登山の場合でも、装備不足は大変危険です。引き続き、厳冬期に対応できる装備を必ず携行してください。
また、残雪も多く残るこの時期は、コースタイムの倍以上の時間を要することを念頭に置いていただき、予備の時間を考慮に入れるなどして、早出早着の計画で行動されるようお願いいたします。

雪が解けた登山道脇で顔を出すセリバオウレン(撮影:2022年4月28日)

山でも少しずつ春の気配を感じられる季節となりましたが、同時に天候や気温も大きく変化しやすい時期ですので、今後も怪我や事故には十分気をつけながら八ヶ岳の美しい景色を堪能し素敵な時間をお過ごしいただけたらと思います。
八ヶ岳山域の山小屋の営業状況につきましては、各山小屋のホームページやSNSなどを通じてご確認ください。なお、引き続き新型コロナウイルス感染防止対策の徹底に、ご理解とご協力をお願いいたします。
※八ヶ岳観光協会加盟の山小屋は完全予約制となります。

→ 登山情報は八ヶ岳観光協会のページをご確認ください
→ 八ヶ岳観光協会加盟の宿泊施設連絡先(PDF)
→ 八ヶ岳観光協会加盟の山小屋検索
→ 八ヶ岳登山に使えるバス情報はこちら

NEWS LIST同じエリアのニュース

POPULARITY NEWSこのページを見ている方に人気のニュース

訪れる人と暮らす人をつなぐ ちの旅 TOP