TOURISM NEWS観光ニュース

残り僅かな冬山シーズン

  • ニュース

高見石展望台から望む、縞枯山、茶臼山、蓼科山方面の様子(撮影:2021.3.15)

最近の標高2,500m付近の気温は、最低気温-12℃~1℃、最高気温-8℃~2℃です。

3月に入り気温が上昇し、また降雨の影響も相まって雪融けが進みました。一方で、日によって寒暖差は厳しく、登山道にはまだ積雪や吹きだまりが多く見られています。雪融けが進んだ後の冷え込みにより、道が凍結している箇所もあります。稜線でも、岩が露出している箇所や、凍結している箇所が点在していますので、滑落や転倒には十分ご注意ください。また今後、凍結している雪面の上に新雪が積もった際には、雪崩のリスクが一気に高まりますので、引き続き細心の注意が必要です。

美濃戸の林道の雪が溶け始め、苔が顔を出しました(撮影:2021.3.24)

これからの時期、平地とは違って山の上では、急激な天候変化により猛吹雪や大雪に見舞われる可能性が十分にあり得ます。視界不良による道迷いや、低体温症による行動不能のリスクと常に隣り合わせであることを忘れず、引き続き、厳冬期に対応できる服装や装備を万全にしてお出かけください。ご自身がこれから登ろうとする山について詳しく調べ、冬山のリスクを想定した準備を入念にされますようお願いいたします。

冬山シーズンは残り僅かとなりましたが、今後も怪我や事故には十分気をつけながら、この時期にしか味わえない八ヶ岳の美しい冬景色を堪能し素敵な時間をお過ごしください。

冬季期間中の各山小屋の営業状況につきましては、各山小屋のホームページなどを通じて直接ご確認ください。
なお、引き続き、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底に、ご理解とご協力をお願いいたします。

※八ヶ岳観光協会加盟の山小屋は完全予約制となります。
※冬期営業していない山小屋のテント場の利用は出来ません。テント場を利用する際には必ず事前に確認しましょう。

→ 八ヶ岳観光協会の各施設の稼働、営業状況
→ 登山情報は八ヶ岳観光協会のページをご確認ください
→ 八ヶ岳観光協会加盟の宿泊施設連絡先(PDF)
→ 八ヶ岳観光協会加盟の山小屋検索
→ 八ヶ岳登山に使えるバス情報はこちら

NEWS LIST同じエリアのニュース

POPULARITY NEWSこのページを見ている方に人気のニュース

訪れる人と暮らす人をつなぐ ちの旅 TOP