WINTER茅野の冬を楽しむ

茅野の気候のいちばんの特徴は、本州有数ともいわれる冬の寒さ。
空気まで凍りつくような厳しい寒さのことをこの地域のことばで「凍みる(しみる)」といいます。
凍みる日々には滝や湖、木々や池も凍り、この時期にしか見られない風景が現れます。
晴れることが多いため雪は少なめで、透き通った空の青さは鮮烈です。
4つのスキー場や白銀の雪原を歩くスノーシューなどはもちろん。
滝が流れたまま凍りつく氷の芸術「氷瀑」。
冬の寒さと乾燥した気候を利用して作られる棒寒天や「凍み」料理。
他にはない冬の茅野ならではの楽しみかたをご案内します。
「暮らすように旅をする…」
五感を刺激する冬の茅野へどうぞおでかけください。

氷瀑 - 冷え込みが厳しい茅野では滝も凍ります

特別に寒い茅野だからこそ出会える景色の1つが、滝が凍りつく「氷瀑」。
蓼科にある「横谷峡」では、渓谷に沿って遊歩道を歩きながら、次々と目の前に現れる複数の氷瀑を間近に見ることができます。
厳しい自然条件のなか、雪を掻き分けながらが歩くようなことをしなくても、
適切な装備さえ整えれば、冬限定の景色に出会える場所がココにはあります。
自然の神秘 ”氷のカーテン”を目指しましょう!

→ ちの旅アクティビティ「氷瀑巡り横谷渓谷スノーハイキング」

温泉 - 寒い茅野の冬だからこそ

茅野市の温泉の歴史は古く、諏訪大社の神官の霊夢により発見されたとされる温泉、武田信玄が隠し湯として重宝した温泉など、人々に語り継がれる由緒ある温泉が多く存在しています。
明治時代より湯治場として栄えた地で、標高1000mを越える蓼科高原に湧出する複数の源泉をもつ蓼科温泉郷をはじめ、各地に温泉が湧き出しているほか、八ヶ岳の登山道付近にも秘湯が点在し、さまざまな効能と泉質の温泉を楽しむことができます。
四季折々の美しい自然との一体感が味わえる露天風呂も魅力です。
→ 詳しくは「温泉特集ページ」をごらんください

茅野市温泉マップ

寒天-お日様と寒さを活かした伝統産業

凍みる真冬に、寒天を天日干しにするために畑に並べる様子は、茅野の冬の風物詩です。
寒天の材料は海藻。
海のない茅野では海藻は採れませんが、江戸時代に京都に行商に行った諏訪の商人が「凍らせて乾かす」という製造方法が、冬に寒く乾燥した地元にぴったりだと考え、茅野を含む諏訪地域で寒天を作り始めたのがはじまりだと言われています。
今では、その頃と変わらない天日干しの手法で棒寒天をつくっているのは諏訪地域だけ。
なかでも、茅野の棒寒天生産量は日本一です。

寒天の「天出し」

海藻を煮溶かして固めた生寒天(ところてん)を畑に並べていく作業は「天出し」と呼ばれます。夜の寒さでしっかりと凍り、昼間の日差しでゆっくりと溶けるのを繰り返すことが、寒天作りの秘訣。よく晴れる茅野の冬にぴったりの産業です。

白銀の寒天畑

寒天の天日干しには、冬の間使わなくなった田んぼや畑などを利用します。一面の田畑に、お日様の光を浴びた寒天が銀色に輝く姿は、圧巻です。

→ ちの旅アクティビティ「日本一の産地で学ぶ「棒寒天」のこだわり」

凍み料理-茅野の冬の暮らしを支えた保存食

晴れる日が多く、冷たく乾燥した冬の気候を活かして、この地域では天然のフリーズドライとも言える「凍み(しみ)」の食文化が伝わっています。
これらの食材は、食べものが採れない厳しい冬をのりこえるための、保存食。先人たちの生きる知恵が詰まったものです。
凍り豆腐、凍み大根、凍り餅、そして寒天。
茅野の気候だからこそできる凍結乾燥で、栄養や旨味を保ったまま、冬の間中保存できる食材として利用されています。

凍り豆腐

できあがった豆腐を凍らせてわらでつなぎ、軒先で乾かす「凍り豆腐」。高野豆腐などと呼ばれる乾燥した豆腐と違い、凍ったままで販売されるのが茅野流。煮込み料理に入れると、独特の食感がよみがえります。

保存食を使った料理

自家製の漬物はもちろん、寒天を使った「天寄せ」、凍み大根と凍り豆腐を使った煮物など、冬でも手に入る食材を使ったごちそうが、食卓を彩ります。いつでもなんでも手に入る時代だからこそ、人々の知恵の結晶を味わってみませんか?

→ ちの旅アクティビティ「この土地ならではの料理文化気候を生かした「凍み」料理をつくって味わう」

そば-味の秘密は茅野の「水」

長野県と言えば信州そば、といわれるほどに、そばは長野県の代表的な郷土食。でも、茅野のそばはひと味違います。
決め手は、八ヶ岳の湧水や伏流水などの清涼で美味しい「水」。
さらに、八ヶ岳山麓で育てられる蕎麦は、冷涼な気候、昼夜の寒暖差などの適した気候により美味しく育つことで知られるブランド蕎麦。
さらに山の近くだからこそ手に入る新鮮な山菜やキノコなどの季節の素材が、天ぷらなどとして添えられそばの味を引き立てます。

こだわりの手打ちそば

市内には水と素材にこだわった手打ちそばの店が数多く並んでいます。それぞれに味が違いますので、そばの食べ比べもおすすめ。

さまざまな種類のそば

そば粉だけを使った十割そばのほか、そば殻を混ぜ込んだ黒っぽい見た目の田舎そば、そばの実の真ん中部分だけを使った真っ白な更科そばなど、一口でそばと言ってもさまざまな種類があり、各店が工夫を凝らしています。

→ ちの旅アクティビティ「1日1組!そばづくり丸ごと体験」

スノーシュー - 白銀の世界を歩く!

夏山とは一味違う真っ白な世界が広がります。
気象条件によってはダイヤモンドダストや樹氷や霧氷を気軽に楽しめます。
スノーシューをはいて一面に広がる白銀の世界、大自然のフィールドにでかけましょう!

北八ヶ岳 坪庭

ロープウェイ、リフトをご利用頂き、標高約2,000mの銀世界で「ふかふか雪上さんぽ」をお楽しみいただけます。

車山高原〜霧ヶ峰

車山高原SKYPARKスキー場の裏手に広がりるスノーシューエリア。フッラットな雪原は初心者でも安心です。

WINTER SPORTS といえば!

スノースポーツといったらなんといっても「スキー」「スノーボード」。
茅野市はもともと雪が少ない地域のため、各スキー場が人工降雪機を備えており常に最良のコンディションを提供しています。
晴天率が高く空気が澄んでいるため、遥か遠くの山々を見渡しながら、抜けるような青空の下スキーやスノーボードを楽しめます。
茅野にある4つのスキー場は初心者向けのゆるやかなコースから上級者向けの急斜面のコースまで、それぞれのレベルに合わせたコースを見つけることができます。
キッズスペースや初心者コースが充実しているスキー場も多く家族連れでも安心。

車山高原SKYPAR RESORT

車山高原SKYPAR RESORT

エリア最大級、全8コースの広大なゲレンデは山頂から山麓までスノーマシンによる造雪能力があり、シーズンを通して安定したゲレンデコンディションを保っています。
日本百名山「霧ヶ峰」の最高峰車山の山頂(標高1925m)からは360°の大パノラマ。
この絶景ポイントに展望テラスが2020年オープンしました!

COURSE INFORMATION
ゲレンデ コース:8 リフト:7
レベル 初級 30% 中級 40% 上級 30%
車山高原SKYPAR RESORT

ピラタス蓼科スノーリゾート

ピラタス蓼科スノーリゾート

国内で2番めに標高の高いスキー場。全長4000mの絶景クルージングコースと100人乗りロープウェイが特徴です。
スキーだけでなく、スノーシュー体験や夏季は夏山登山も人気。

COURSE INFORMATION
ゲレンデ コース:8 リフト:3
レベル 初級 40% 中級 40% 上級 20%
ピラタス蓼科スノーリゾート

白樺湖ロイヤルヒル

白樺湖ロイヤルヒル

コンパクトなゲレンデは全体の約8割が初中級コース。そのため初めてスキーを体験するスキー教室にも最適。
標高1450mの白樺湖は晴天率約80%!

COURSE INFORMATION
ゲレンデ コース:10 リフト:3
レベル 初級 40% 中級 40% 上級 20%
白樺湖ロイヤルヒル

蓼科東急スキー場

蓼科東急スキー場

スノーレーサーやチュービングなど、アクティビティの充実が魅力的なスキー場。
周辺にはアクティビティエリアがあるためスキーをしないお子様もお楽しみいただけます。

COURSE INFORMATION
ゲレンデ コース:3 リフト:1
レベル 初級 70% 中級 20% 上級 10%
蓼科東急スキー場

冬の澄みきった空気の中で見る満天の宇宙

空気が澄んでいるため、天体観測には絶好の機会。
夜空を流れる天の川はもちろん、普段は見ることが難しい星座でも夜の高原の澄み切った大気の中では、吸い込まれそうになるほど煌めいています。 漆黒の世界に広がる大自然の壮大なプラネタリウムを心ゆくまでお楽しみください。

TOP 訪れる人と暮らす人をつなぐ ちの旅 TOP